CASE

事例紹介

モミ殻シリカから難燃性塗料を開発し、実験しました。

2019.09.12

稲のモミ殻からできたモミ殻シリカは、20%のSiO2を含んでおり、それも95%ほど純度があります。
この植物系シリカには難燃性、遮熱性などの特徴をもっています。
市販の通常の水性塗料を準備して、このモミ殻シリカを含有させ、遮熱塗料化したもので、難燃性の状態を実験しました。

通常市販の白布2枚を用意し、一つにはモミ殻シリカから生まれた遮熱塗料(難燃性)を用意、またもう片方には何も塗布していない白布を用意しました。
更に着火用としてバーナー型のライターを準備して試験を開始しました。

バーナー型ライターを近づけると、遮熱難燃性塗料を塗布した布は、炎の温度に、ほとんど影響なく、焦げ目や溶けるなどの症状はありませんでした。
一方、何も塗布していないBLANKの布の方へライターをかざすと、炎に近づくにつれて布は溶けだし、焼けていることが分かりました。

今回は市販の塗料にモミ殻シリカを加えた遮熱難燃塗料の実験でしたが、モミ殻シリカの遮熱性は充分確認することができました。

お問い合わせはこちらから

Contact us

お電話でのお問い合わせ

TEL06-6260-7210
 FAX06-6260-7512

営業時間 平日 9:00~18:00(定休日 土日祝日)

WEBサイトからのお問い合わせ

メモを見る
連絡事項