CASE

事例紹介

モミ殻シリカから生まれた遮熱塗料を塗布したヘルメットの遮熱性実験

2019.09.12

難燃性塗料の実験に続いて、モミ殻シリカから生まれた遮熱性塗料をヘルメットに塗布し、遮熱性の温度比較実験を行いました。
最近の炎天下で危険防止のためにヘルメットを被って仕事をされる作業者には、今夏の高温は大変な危険を伴う事になっています。建設、土木、ガードマンなどヘルメットが必須の作業者の方々への安全対策として、ヘルメットの上から塗布するだけ、あるいはヘルメットメーカー様によるヘルメット自体への遮熱材質への転換に一つの答えになると思います。
今回は、同じヘルメット2つを準備し、片方に遮熱塗料を塗布し、もう片方は何も塗布していない通常のヘルメットに対して外部から白熱灯を照射した状態で、外部温度と内部(被った状態)での温度変化を見たものです。

実験結果では、白熱灯照射開始から5分後に、ヘルメットの表面温度は常温29℃の時に、
遮熱済みが約41℃(温度差12℃)と遮熱なし46℃(温度差17℃)にまで上昇しました。
遮熱済の内部温度は、33℃程度、表面温度差8℃)であるのに対してBLANKヘルメットでは内部が34℃(温度差12℃)の違いがあり、頭部を保護しているのがわかりました。

お問い合わせはこちらから

Contact us

お電話でのお問い合わせ

TEL06-6260-7210
 FAX06-6260-7512

営業時間 平日 9:00~18:00(定休日 土日祝日)

WEBサイトからのお問い合わせ

メモを見る
連絡事項