CASE

事例紹介

モミ殻シリカから遮熱性素材を開発し、人工芝で遮熱実験実施

2019.08.27

稲のモミ殻からできたモミ殻シリカは、全体で約20%のSiO2を含んでおり、シリカ成分は95%程度の純度があります。
更にこの植物系シリカには難燃性、遮熱性などの特徴をもっています。
今回人工芝の遮熱実験として、熱源を白熱灯とし、遮熱素材を含んだ人工芝と何も含んでいない芝を用意し、白熱灯で照射した結果の照射時間を経過により高熱となった変化を見たものです。

全体の照射時間が経過して暑くなりますが、遮熱芝は比較的に温度差が6~7℃程度あり、照射された範囲がモミ殻シリカの方は全体に広がらず、高温の範囲は白熱灯の当たっている程度ですが、何も含んでいない芝は、照射範囲から芝全体に高温が広がって行く状態になりました。

実験開始時点 遮熱芝温度:30.4℃  BLANK芝:29.7℃
1分後           40.0℃        45.9℃  温度差:5.9℃
開始から5分後       58.2℃        63.7℃      5.5℃
など、今回の実験では、BLANK芝では温度の拡散や、照射に対し急激に高温変化しましたが、遮熱芝では、照射に対して温度拡散し、温度の上昇も比較的緩やかな結果となりました。

お問い合わせはこちらから

Contact us

お電話でのお問い合わせ

TEL06-6260-7210
 FAX06-6260-7512

営業時間 平日 9:00~18:00(定休日 土日祝日)

WEBサイトからのお問い合わせ

メモを見る
連絡事項